" alt="">

ユーザー生成コンテンツの力を利用してゲームユーザーの獲得を押し上げる

ゲーム業界におけるユーザー生成コンテンツ(UGC)の力は、ゲームユーザー獲得(UA)に多大なメリットをもたらすため、軽視することはできません。ゲーム業界は近年人気が急増しており、ユーザー獲得のための競争もますます激化しています。ゲームデベロッパーやマーケターは、時代を先取りした革新的で効果的な戦略を模索する必要があります。

そのアプローチの1つが、UGCを活用してUAを促進する方法です。ゲームデベロッパーやマーケターは、UGCを活用することで、そのバイラルの可能性を活かして、信憑性と信頼を築き、費用対効果の高いマーケティング戦略に取り組むことができます。さらに重大なことには、UGCはオーガニックであったり、宣伝範囲を拡大するための有料キャンペーンに戦略的に組み込んだりすることもできます。UGCはあらゆる形式のコンテンツを指すことができますが、通常

TikTok、Facebook、インスタグラムなどのソーシャルメディアプラットフォームにあるバイラルビデオコンテンツと関連があります。このような、ゲームプレイ、ファンクリエーション、チュートリアルを含むビデオには、共通の体験を通してプレイヤー同士をつなぐだけでなく、ゲームを一躍有名にできるバイラルクオリティを備えています。再生回数や社会的インタラクションを集めることで、UGCは、コミュニティの作成やプレイヤーのエンゲージメントのための強力なエージェントとして機能し、最終的にゲームを成功に導きます。

UGCを使用してゲームUAを押し上げるための戦略

この中核で、成功したUGCキャンペーンは、自立した生態系のように機能します。ゲーム内のリワード、仮想通貨、専用アイテムなどのインセンティブを使用してUGCへの貢献を推進することで、プレイヤーは事実上のコンテンツクリエーターになります。これは、継続的なコンテンツ制作を焚きつけるだけでなく、プレイヤーをゲームに深くのめり込んだままにして、解約者数を減らし、LTVを増加させます。

インフルエンサーのコンテンツ制作を促進することで、最終的にUGCの増加につながります。NativexはKwaiの「テンプレート」サービスを使用してこの戦略を採用し、プレイヤーがより簡単にチャレンジにアクセスし、創造性を発揮できるようにしました。Nativexは、インフルエンサーに対して、「賞金プールの共有」というインセンティブを導入し、参加とUGCの取り組みへの貢献を促しました。

公式ソーシャルチャンネルを通じて優れたUGCを促進することで、知名度と宣伝範囲を大幅に向上し、モバイルゲームアプリに新しいプレイヤーを引きつけることができます。ハッシュタグ チャレンジは、素早く簡単にゲームやそのIPの重要な要素を強調し、幅広いユーザーにリーチできるため、UGCキャンペーンでは不可欠なものになっています。

以下では、いくつかの例を用いて、高品質のUGCを促進することで、モバイルゲームアプリにどのようなメリットがあるのかを紹介します。

  • ショップタイタン:ハッシュタグチャレンジ – Kabam Gamesは、日本のゴールデンウィーク中にシミュレーションRPGゲームである「ショップタイタン」を宣伝するために、TikTokで多岐にわたるアプローチを採用しました。参加ユーザーが簡単なハンドジェスチャーをすることでロックが解除され、ゲーム内のキャラクターであるヤミとマシュグーン、およびギフトが表示されるという拡張現実を利用したブランドエフェクトを準備し、TikTokのブランドハッシュタグチャレンジを活用しました。
  • Pokémon GO:ARフォトコンテスト – 拡張現実モバイルゲーム「Pokémon GO」のデベロッパーであるNianticは、現実世界で出会ったゲーム内のポケモンをプレイヤーが捕まえて共有するARフォトコンテストを頻繁に開催しています。Nianticは、優秀な応募作品を公式ソーシャルメディアチャンネルで紹介することで、ゲームの没入体験を示し、新規および既存プレーヤーにアピールしています。
  • Garena Free Fire:トッププレイおよびモンタージュ – 人気のバトルロイヤルモバイルゲーム「Garena Free Fire」では、プレイヤーが作成したトッププレイやモンタージュ動画を公式ソーシャルメディアチャンネルで頻繁に取り上げています。この宣伝方法では、ゲームの刺激的でスキルを要するゲームプレイを強調し、才能あるプレイヤーに評価を与えることで、ダイナミックなコミュニティの一員になりたいと考える新規ユーザーを惹きつけています。
  • モバイル・レジェンド:Bang Bang:コスプレコンテンツ – マルチプレイヤーによる人気オンラインバトルアリーナゲーム「Bang Bang」では、プレイヤーがゲーム内の人気キャラクターに扮して参加するさまざまなコスプレコンテストを開催しています。デベロッパーは、優秀なコスプレを公式ソーシャルメディアチャンネルに掲載することで、ゲームの多様で魅力的なキャラクターデザインを紹介し、ゲームの豊かな世界観に関心を持つ新規プレイヤーを引き込んでいます。

ゲームユーザー獲得におけるUGCのメリット

UGCがバイラルになる可能性は、ゲームユーザー獲得において重要な資産となります。ゲームコミュニティの間で共感を呼ぶときはなおさらです。コンテンツが関心を引くと、ゲームの知名度が著しく上がり、より多くのプレイヤーがゲームを試してみるようになります。クリエイターは、ソーシャルメディアプラットフォームでバイラルの可能性を高めるために、視覚的な魅力があり、簡潔で共有しやすいコンテンツを開発することに注力する必要があります。Nativexはこのアプローチを採用し、高く評価されたYoozooのゲーム「Metal Revolution」を盛り上げました。ブラジルでは、Kwaiアプリでハッシュタグチャレンジを利用したことで、動画再生回数は9,000万回に達し、ユーザー生成動画は8万2000本以上を記録しました。

ユーザー獲得に対する別の重要な戦略は、信憑性と信頼性を与えることです。ポテンシャルプレイヤーが他のゲーマーによって作成されたコンテンツを目にすると、信憑性と信頼性が高まり、ゲームデベロッパー自身が作成した宣伝素材よりも納得させることができます。UGCは実際の体験を見せているため、ポテンシャルプレイヤーはゲーム対する意見を持つことができるようになります。ニッチな分野のマイクロインフルエンサーは、特定の関心領域において、規模は比較的小さいながら高いエンゲージメントと忠誠心を持つフォロワーを抱えています。ゲームアプリのインフルエンサーと連携することは、ユーザーの信頼を高め、コンバージョンを促進するための非常に効果的な戦略となる可能性があります。

さらに、ニッチな分野のマイクロインフルエンサーは、ユーザーの関心や好みを深く理解しているため、ポテンシャルユーザーの心に響くようにカスタマイズしたコンテンツを作成し、ゲームアプリのユニークなセールスポイントを効果的に伝えることができます。このような対象を細かく絞ったアプローチを使用することで、関心、ユーザーの信頼、認知度が高まり、コンバージョン率を上げることができます。また、UGCにより新鮮で多様なコンテンツを提供し、当事者意識を高め、創造性を促すことで、プレイヤーの参加を維持できるため、エンゲージメントの向上にもつながります。これにより、結果としてプレイヤーのリテンションや忠誠心の向上につながります。

UGCは費用対効果の高いマーケティングツールであり、ゲームデベロッパーは宣伝用コンテンツの作成にリソースを投じる必要がありません。代わりに、ゲームデベロッパーは、さまざまなプラットフォームで共有できるコンテンツを作成するよう、プレイヤーベースに働きかけることができます。CPIが上昇する中、アプリデベロッパーやマーケターは、UGCを従来のマーケティング手法に代わる効率的で費用対効果の高い方法として検討する必要があります。さらに、コンテンツ作成にインセンティブを与え、高品質なコンテンツを促進することで、ゲームアプリが強力なコミュニティを構築し、認知度を高め、より広い範囲のユーザーにリーチできるようにします。

皆様のインフルエンサーマーケティングチームは、信頼できる魅力的なUGCキャンペーンを推進できるニッチな分野に合致するマイクロインフルエンサーを、ゲームアプリと結びつけることを専門としています。このUGCコンセプトの奥深さを掘り下げ、ゲームユーザー獲得における利点を探り、潜在能力を開放する貴重な見識を提供します。

Related articles