" alt="">

APAC Market Spotlights:東南アジアの人気アプリ

モバイルアプリは常に東南アジアのライフスタイルの中心であることをご存知ですか? 1ユーザーあたり1日平均4時間を超えるモバイルアプリの使用により、急速な市場の成長とともに幅広いビジネスチャンスが開かれます。各地域で推奨されるアプリがどのように異なるかを知る必要があるため、進歩の機会を垣間見ることができます。これから、東南アジアのモバイルユーザーが最も使用する人気のモバイルアプリを見てみましょう。

 

アプリにのめり込む東南アジアの人々

東南アジアは、モバイルのあらゆる事柄の成長を加速していますが、その理由は明確です。技術を通じて数百万人の東南アジアの利用者がインターネットを接続できるようになり、その中には生まれて初めてインターネットに接続した利用者もいます。最近のGoogleの研究では、今後、15年後には1.5億人の東南アジア人が15歳になるということが明らかになりましたが、これは言い換えると、毎年1000万人が「モバイル年齢」に進入するということを意味しています。
東南アジアの利用者は世界で最もモバイル利用が多く、他の地域の人よりもはるかに多くの時間をモバイルインターネットで過ごしています。ほとんどがアプリを介してインターネットに接続し、Twitter、Instagram、YouTubeなどによって、オンライン生活をしています。様々な新しいアプリがeコマースの発展をリードしており、その中にはGrab、Gojek、Lazadaなどの大企業があります。
成長の可能性が大きいフロンティアにおいてブランドが強力な足場を確保するためには、モバイルアプリ戦略が最も重要です。しかし、各市場ごとに多くのアプリがあるため、ブランドがすべての条件を満たす広告活動戦略を立てることは困難です。特に、東南アジア地域のユーザーが利用するアプリを理解することは重要です。

 

東南アジアの人気アプリ

都市に住む人々の場合、特に利便性、価値、サービスへのアクセスが増加し、Grab、Gojekなどの主要企業のEコマースや配車サービスの利用が増加しました。この2つの部門の成長は過去5年間で特に顕著になりましたが、Eコマースの利用者が2015年の4,900万人から2019年には1.5億人にまで増加し、配車サービスの利用者は2015年の800万人から2019年の4千万人にと、ほぼ5倍に増加しました。

増加する中産階級の人々に便利なサービスを提供しているフードデリバリーも勢いを増しています。FoodPanda、Deliveroo、Gojek、GrabFoodは、フードデリバリーの部門で先立っています。同様にLazada、Shoppee、Tokopediaなどのオンラインショッピングのプラットフォームも増加しており、ユーザー電子製品のような高価な商品だけでなく、日常生活に必要な食料品、パーソナル用品や衣類も購入しています。オンライン消費の割合は非常に高く、消費の半分はオンラインであると推定されています。オンライン消費は、アプリの依存度が高まっていることから、さらに増加すると思われます。
東南アジアのユーザーは、エンターテイメントのためにもアプリでオンラインコンテンツを購入しています。Google Trendは、過去4年間にNetflixやViuのような購読型の動画ストリーミングサービス名の検索がマレーシアでは5倍、フィリピンシンガポールでは7倍も増加しており、2019年に史上最高値を記録したと報告しました。Mobile Legends、Garena、PUBGモバイルなどのゲームプラットフォームも東南アジアのモバイルユーザーの間で依然として人気ですが、これはインターネットを安価に利用できるために可能となったトレンドです。
FacebookやInstagramのようなソーシャルメディアの利用が活発な一方で、TikTokやBIGO Liveのようなショート動画アプリが人気を得るようになりました。ショート動画アプリは、WhatsApp、Lineのようなメッセージアプリと同じように、ユーザー間でやりとりしながらコンテンツを消費することができることが好まれています。

Nativex

東南アジアでキャンペーンを検討されている方は、Nativexチームに今すぐご連絡ください。とても収益性の高い東南アジア市場で成功を収める方法をご紹介いたします。

お問い合わせ

 

カテゴリー別のランキング

それでは、各国でどのアプリがランキングされているか見てみましょう。 最初はeコマース領域です。

eコマース

東南アジアには数百社の e コマース企業がありますが、その中でも特に人気となっているアプリを示しています。月間ユーザー数では、Lazadaがベトナム、タイ、マレーシア、フィリピンにおいて最も人気のアプリとなっています。Lazadaは、シンガポールに本社がありアリババグループの傘下です。2つのビジネスモデルを同時に使用しており、自社の倉庫で在庫を販売しながら、他の小売業者がLazadaサイトを通じて自分の製品を売ることができるようにしています。

Shopeeは、ベトナム、特にインドネシア、タイ、マレーシア、フィリピンなどの国で利用者数は2番目に高いアプリです。シンガポールに本社があり、Sea Groupの傘下です。Shopeeは、CtoCのビジネスモデルを、BtoCを含むイブリッドモデルへと進化させました。韓国のアイドルグループであるブラックピンクや世界的なサッカー選手であるクリスティアーノ・ロナウドとのパートナーシップを通じて、ブランドの認知度を高めました。

興味深いことに、インドネシアのTokopediaやシンガポールのQoo10のようなローカル企業もランクインしています。ローカル市場に関する深い知識を反映してローカライズ戦略を成功させることができることで、LazadaやShopeeのような巨大なECプラットフォームと競争することができるのです。

配車サービス

東南アジアのインターネット経済は前例のない速度で成長し、2019年には1億ドルを達成しました。この成長に2番目に影響を与えたのは配車サービスです。東南アジアの配車サービスの需要は爆発的に増加し、利用者数が5年前の800万人から5倍の4,000万人に達しました。配車サービスのアプリは東南アジア、特にシンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピンなどの大都市に居住する数百万人の人々の日常生活に欠かせないものとなっています。
特に、GrabとGojekは様々なサービスを提供しており、東南アジア市場において強い存在感があります。例えば、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイでは、自動車を所有するにはとてもお金がかかります。そのため、配車アプリは交通手段として魅力的な代替案となっています。この2つのアプリが配車サービスを独占しており、他のローカル企業が残った需要を埋めています。

フードデリバリー

Grabは、フードデリバリーのトップアプリであり、シンガポール、タイ、マレーシアやフィリピンなどで好まれています。Grabが成功した理由は、最初に配車サービスとしての地位を確立していたため大規模なユーザーデータを利用することができ、FoodpandaDeliverooのようにフードデリバリーだけを行うサービスにはない強みがありました。
フードデリバリー業界は、さらに成長が加速して競争が激しくなると見られており、フードデリバリー企業はサービスを多様化しようとしています。ゴーストキッチンと呼ばれる配達用の食事のためだけの調理施設から、食料品の配達サービスまでサービスを拡張して、フードデリバリー企業は競争力を高めています。ユーザーは、今後数年の内に全く新しい体験をすることになるでしょう。

 

次のシリーズでは

アプリはスマホユーザーの生活において中心的な役割を果たしており、大幅なユーザーの増加が見込まれます。東南アジアのモバイル市場東南アジアのユーザー行動について理解し、東南アジアの利用者に人気のアプリを理解することは、ブランドが広告計画を立てるのに役立つはずです。次回の記事ではエンゲージメントに焦点を当て、ユーザーがどのようにアプリを活用しているかを掘り下げる予定です!

新しく東南アジア地域に進出することには多くのメリットがありますが、より確実に成功するためには、この地域に関する理解が必要です。。東南アジア市場向けのNativexのソリューションを興味のある方はこちらからお問い合わせください。