" alt="">

効果的なショート動画広告クリエイティブを作る4つの方法

世界の動画広告業界の規模は巨大かつ右肩上がりで、eMarketerによると、デジタル動画視聴者数は中国だけでも2022年までに9億人以上になると予測されています。顧客維持率を維持し上昇させるため、FacebookやGoogleのような大手メディア・プラットフォームは、TikTok、Snapchat、Douyin、Kuaishouなどの人気ショート動画アプリと共に、アプリ内再生動画コンテンツのチャンスをさらに増やしています。

主要市場における2021年のデジタル動画視聴者数、出典:eMarketer

App Annieのレポート「モバイル市場年鑑2021」によると、2020年にはオンライン動画コンテンツの消費量が40%増加しています。膨大な動画コンテンツをいつでも、どこでも見ることができるため、ユーザーは視聴している動画に飽きたり、興味を失ったりしやすくなっています。アプリのフィード内でどれも同じように出される場合は特にそうです。これは、ますます多くの広告主、マーケティング担当者、動画制作者が直面している課題です。

かつてないほど動画コンテンツが利用可能な時代にユーザーのエンゲージメント問題に取り組むことは難しく、どこから取り掛かればいいかわからない場合には特にそうです。出発点を見つけるためには、どのような動画広告クリエイティブが最も効果的なのか、どうやって大規模に制作できるのか、動画広告を使ってキャンペーンの投資利益率を最大化するにはどうすればよいのか、など、いくつかの重要な問いを自問自答する必要があります。

優れたストーリーテリングが動画広告クリエイティブを活性化させる

キーワードで埋め尽くされたポスターのような宣伝素材は、もはや面白くもなく、効果的でもありません。しかし、ストーリーは別です。広告でストーリーを語ると、ユーザーとの間に潜在意識の部分で感情的なつながりが生まれ、ターゲット層にメッセージを届けられる可能性が高くなります。

動画広告にストーリーテリングの要素を入れることは、広告主がナラティブ、ターゲット・ユーザーとの関連性、筋書き自体などの要素に注意を払う必要があることを意味します。ナラティブは、あなたが伝えようとしている物語であり、関連性は、視聴者が動画コンテンツを理解し、関連付けることができるかということで、筋書き(または葛藤)は、長く続く印象を視聴者に残すことができるものです。ナラティブを書く人が使用する一般的な戦略の1つは、関連性を高めるために最近・最新のニュースや出来事を盛り込むことです。

これらの要素が実際に使われている例として、TopWorksはゲームメーカーと連携し、TikTokユーザーの獲得とコンバージョンの支援を行いました。この動画広告には人を引き付けるストーリーがあり、ターゲットの視聴者と関連性のある俳優や要素を使用していました。キャンペーンはユーザー獲得率とコンバージョン率の両面で、大成功を収めました。

topworks showcasing 1, Nativex

ストーリーを語れるかどうかが、動画広告キャンペーンの成功を左右します

 

ミームは新しい広告の触媒

新型コロナウイルスは、SNSの使い方を変えました。手が空く時間が増えたことで、私たちはその時間をSNS、特にモバイル動画コンテンツに費やす傾向にあります。その結果、新しい、いわゆる「ソーシャル・カレンシー」が出現しています。つまり、ミームのことです。

ミームの力、出典:eMarketer

ユーザーが動画コンテンツを消費する時間が長くなるにつれ、面白い動画やミームは社会的に受け入れられるコミュニケーション手段になってきています。興味深いことに、ミームはモバイル広告の収益化の重要な要素にもなっています。

最新のミームや面白い動画を動画広告クリエイティブに実装したり、変えたりすることで、広告主は視聴者により届けやすくなり、広告の露出時間を増やし、収益化水準を改善しやすくなることを実感しています。ミームをベースにしたクリエイティブは、オンライン上で多くのインスピレーション源を見つけることができるので、比較的簡単に制作して複製することができます – 最新のミームは、驚きのインスピレーション源になり得ます。

人気のTikTokチャレンジはバズる動画広告キャンペーンになり得ます

TikTokチャレンジは、ミームが素晴らしい動画広告に変わる素晴らしい例です。13億回以上の再生回数を獲得してバズったTikTokハッシュタグチャレンジの制作でDragon Storm Fantasyをお手伝いした際、私たちの重要な戦略の1つは、ターゲット市場を調査し、最もバズる動画はどのようなものか、理解することでした。このキャンペーンでは、10種類以上の新しいダンスの動作をデザインし、トレンド入りしている曲と組み合わせ、特殊効果ステッカーを追加しました。また、人気ミームと同様に、私たちのキャンペーンはさらに多くのスピンオフを生み出し、私たちのキャンペーンの要素に基づいてユーザーが生み出した動画が100万本以上作成されました。

dragon storm fantasy goat games nativex client

TikTokチャレンジの力を解き放つ

 

KOLの力を活用する

インフルエンサーは、中国ではキー・オピニオン・リーダー(KOL)と呼ばれますが、広告キャンペーン成功の主要な要素です。KOLの力を活用できるブランドや広告主は、驚異的なキャンペーンの投資利益率を達成することができますが、KOLが有益であるのには、もう一つ重要な理由があります。

KOLと提携する第一の目的は、視聴者に届けることですが、広告主はクリエイティブの観点からもこの提携を検討すべきです。KOLを制作プロセスに取り込むことで、広告主はより質の高いコンテンツを生成し、エンゲージメントを高めることができます。なぜでしょうか?それは、KOLよりもその視聴者のことをよく知っている人がいないからです。

例えば、Lightricksと一緒にFacetune2のプロモーションを行ったで、KOLマーケティングを活用し、1200万回以上の動画広告再生数を獲得しました。また、Reign of Dragonとの提携では、ゲームの発売段階でKOLを活用して露出を高め、このキャンペーンのCPIを30%下げることにつながりました。覚えておいてほしいことがあります。KOLの家(そのチャンネル)では、あなたは客人です。その視聴者に届ける最善の方法は、彼らが知っています。彼らと緊密に連携すれば、結果はついてきます。

The 6 KOLs that were our secret ingredient to Facetune2’s success in China

KOLを利用してDouyinFacetune2を宣伝

 

ローカルな実践が必要不可欠

優れたストーリーテリング、ミームを取り込むこと、マーケティングミックスにKOLを追加することなどは戦略ですが、その裏には1つ鍵を握る要素があります。ローカルな実践です。これらの戦略をローカルに実践できれば、キャンペーンを信じられないほど成功させることができます。世界30ヶ国にチームを抱え、160社以上のクリエイティブパートナーと提携関係があるTopWorksは、この成功を生み出す原動力になることができます。

クリエイティブの力と、各動画要素の背後にある繊細さを理解することが成功の鍵となります。Rise of Kingdomsがアメリカおよびヨーロッパ・中東・アフリカ市場でのメディアバイイングキャンペーンでクリエイティブの支援を必要としていたとき、TopWorksクリエイティブスタジオはその要求に応えました。TopWorksのチームは、コロナ世界の日常生活をベースにした広告のナラティブを作り出すことで、Rise of Kingdomsのような良質なゲームがユーザーの退屈さを解消することの重要性を浮き彫りにしました。私たちはまた、地元の俳優を起用し、ターゲット視聴者を中心にストーリーを組み立てましたが、これによりユーザーのエンゲージメント率は高くなりました。

 

結論

動画コンテンツは王様です。世界がオンライン動画(特にモバイル動画)に向かってますます動いている中、広告主は新しいクリエイティブのトレンドを追い、適応していく必要があります。市場のニーズに迅速に対応し、大量の広告クリエイティブを制作することは、短期的にはトラフィックを生むのに役立ちます。しかし、広告主が「量」よりも「質」を重視すれば、その時にこそ、長期的に持続可能な成長を目にすることができるのです。

 

TopWorksについて

TopWorksクリエイティブスタジオは、グローバルなクリエイティブネットワークです。世界30カ国以上に14のチームを擁するTopWorksは、世界中の200以上のクリエイティブスタジオと、お客様を繋げています。私たちの使命は、広告主の皆様にパフォーマンスを向上させ、目に見えるリターンを実現する優れたクリエイティブで広告主に力を与えることです。TopWorksクリエイティブスタジオの詳細をご確認ください.